• 滋賀県のグルメ
  • 彦根

SPOT NAME

覚王山フルーツ大福 弁才天 彦根城下町店

2021.03.06

WRITTEN BY

りーしゅんライター

photo1

名古屋発・話題の「覚王山フルーツ大福 弁才天」が彦根城下町にオープン!

令和元年度、名古屋にて創業。厳選された旬のフルーツ×こだわりの求肥×白餡の絶妙なコンビネーション、美しい断面がSNSを中心に話題を呼び、瞬く間に人気店への道を辿っていった覚王山フルーツ大福 弁才天。
創業からわずか数年にも関わらず、今や店舗は43店舗にまで拡大。コロナ禍でも「おうち時間を贅沢にしてくれる。」と右肩上がりの大躍進を続ける同店が、なんとこの度第一号店を3月7日(日)、彦根市にオープンさせるとの情報をキャッチ。

早くも話題沸騰が予想される同店の魅力をいち早くお伝えするため、オープン前のお店へ、moa編集部が取材に行ってきました!フルーツ大福のこだわりや今後展開予定の新たなメニューなど、徹底取材してきました!

お店は彦根城下町に

彦根城のお膝元、観光客で賑わうキャッスルロード沿いに看板を掲げる覚王山フルーツ大福 弁才天 彦根城下町店。
取材当日、お店の前へ伺うと、待ちきれない様子で外窓から店内を覗く客が後を絶たず、注目度の高さが伺えました。

店内モチーフは井伊直弼

店内は白と黒を基調にした、清潔感溢れる落ち着いた空間。実はこちらの内装は、かつて日本近代化のための偉業を成し遂げた幕末の譜代大名で、彦根にもゆかりのある井伊直弼をモチーフとしたものなのだそう。フルーツ大福の並べられた机は船、井伊家のお茶道具が飾られた棚は、よく見ると井伊直弼の「井」で型取られています。

訪れた際には、歴史情緒漂う店内にも是非注目して。

厳選されたフルーツが主役のフルーツ大福

「うちのフルーツ大福はフルーツが主役。このため求肥・白餡は主役のフルーツを引き立てるために甘さを控え目にして、『薄餡・薄餅』を心掛けています。」とフルーツ大福のこだわりについて語って下さった店長の下田さん。

同店のフルーツ大福に使用されるフルーツは、毎朝市場から直送される厳選された季節のものを使用。それを高級羽二重粉を使用したしっとり上品な求肥と甘さ控えめ目な白餡とが優しく包み込みます。

目指すのは、トレンドではなく文化

創業よりわずか数年で40店舗以上にまで店舗拡大を遂げた弁才天。
その人気に火をつけたのは、大福を半分に切り分けると顔を出す美しい断面。この断面がSNSを中心に広がり、瞬く間に行列のできる名店となりました。

けれども同店のモットーは、あくまで「トレンドではなく文化を。」ひとときの間だけ愛されるお店ではなく、人々の舌や記憶に何世代にも渡って愛されていくお店であることを追求されています。こうした長い目で見た経営戦略が、創業以降絶えず成長を続ける同社の要となっているのかもしれませんね。

同社の熱きモットーに心惹かれ、「地域の人に愛されるお店を作りたい。」とのれん分けに名乗りを挙げられた下田さん。自身の飲食店での経験を活かし、のれん分けの厳しい審査にも見事クリアされました。

彦根市にオープンされた理由を伺うと、「僕自身お城が好きなので、お城の近くでお店を出したいと思いました。特に彦根城下のこの地域の雰囲気が好きで、出会う方みんながいい方ばかりなんですよ。ここの方たちが気軽に訪れ、好きになってくれるお店にしていきたいと思っています。」と笑顔で話して下さいました。

一番人気は、いちご大福!滋賀限定商品も

フルーツ大福は常時12種類が店頭に並べられ、その時季によって旬のフルーツ大福が変わっていきます。一番人気はどのお店でも断トツでいちご大福!

同店では「あまおう」「淡雪」「いちごさん」の3種類を用意。白いちごを使用した「淡雪」は滋賀県内オリジナル。他県では販売されていない限定商品なので、訪れた際には是非ご賞味を。

気になるフルーツ大福を編集部も頂いてきました!

気になるフルーツ大福を編集部も頂きました!
人気の「いちごさん」はひと口食べるといちご本来のみずみずしさと甘みで口の中がいっぱいに。

みかん一個をまるごと包み込んだ「温州みかん」は、食べ応え抜群の贅沢な逸品。口いっぱいにほおばると、どこか懐かしさを感じるみかんの甘みに、思わず頬が緩みます。

ひと口噛むごとにジューシーな果汁が口の中に溢れ出る「パイン」は、下田さんイチオシの品。鮮度の活きたパインだからこそ実現できる、甘味×酸味の絶妙なコンビネーションがたまりません。

エキゾチックな南国×和の大福が異色のコラボを遂げた「マンゴー」は、和洋の織り成す魅惑の味に酔いしれる一品。

白餡のほのかな甘みと上品な柔らかさの求肥の絶妙なバランスが見事!

とにかくどの商品もフルーツが格別!さらに必読すべきは、白餡のほのかな甘みと上品な柔らかさの求肥の絶妙なバランス。フルーツとの絶妙なハーモニーを奏でながら、そっと主役を引き立てる名脇役の働きが見事。

さらに新メニューとして、夏ごろにはジューシー度抜群・沖縄のパインも登場予定とのこと。訪れるたびに変わるラインナップも楽しみにしていたいですね!

贈り物用には、桐箱も

贈り物用には、贈答用桐箱も用意されています。(1個用600円、4個用800円。)
さらに高級感溢れる出で立ちに。

専用糸切りがもれなく付いてくる!

購入するともれなく付いてくる専用の糸切り。

簡単に綺麗な断面に

こちらを使うと、とっても簡単に綺麗に切り分けることができますよ。是非お試しを。

今後は長浜にも店舗をオープン予定

撮影中、その美しい断面に編集部も「かわいい!きれい!」と感嘆の声が止まらなかった弁才天のフルーツ大福。
見た目もさることながら、熱い想いのこもったフルーツ大福は、一度食べるとその美味しさにたちまちファンになってしまうこと確実!

今後は長浜にも店舗をオープン、さらに滋賀全域の方に楽しんでもらえるよう草津方面へも出店していきたいとのこと。

急成長を続ける弁才天のフルーツ大福、是非味わいに訪れて。

WRITTEN BY

りーしゅんライター

2021年03月06日時点での情報です。最新の情報と異なる場合がありますので、ご確認の上、おでかけください。
※当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
店名覚王山フルーツ大福 弁才天 彦根城下町店
住所彦根市本町1丁目7-42

関連記事