• 滋賀県でおでかけ
  • 大津

SPOT NAME

びわ湖大津館

2020.12.10

WRITTEN BY

りーしゅんライター

photo1

びわ湖大津館 2020 イルミネーション「光あふれるおとぎの世界」内覧会リポート!

湖畔に広がる約5,900㎡もの広大なガーデンが、色とりどりのライトで美しく照らし出される様は、まさに圧巻!

今年は新型コロナウイルスの影響で、当初は開催を不安視していたものの、毎年来られる地元の方から「今年も開催してほしい!」といった声を多く受け、開催を決断されました。

イルミネーションのデザインは、本年度も地元の芸術大学である成安造形大学へ委託。「未だ猛威をふるう新型コロナウイルスによって広がる暗いムードを払拭し、訪れる方へ、少しでも明るく楽しい気持ちになってもらいたい。」と、子どもから大人まで皆が親しみやすい「童話」をテーマに、湖畔の冬の夜を幻想的に彩ります。

12月1日の開催初日を前に、関係者向けへ開催された内覧会へ、moa編集部も参加してきました!『びわ湖大津館2020イルミネーション「光あふれるおとぎの世界」』の魅力を、ひと足早く堪能してきましたよ!こちらの記事では、今年も大注目間違いなしのびわ湖大津館イルミネーションの見所を、イチオシSNS映えスポット情報も交え、たっぷりとご紹介します。是非、訪れる際の参考にされて下さいね。

びわ湖大津館とは

イルミネーション会場のあるびわ湖大津館は、かつて県内初の国際観光ホテルとして名を馳せていた琵琶湖ホテルがリノベーションされた多目的文化施設。
大津市指定有形文化財へ登録されている同施設は、旧琵琶湖ホテル時代には「湖国の迎賓館」として昭和天皇やヘレンケラー、川端康成など、名だたる多くの著名人を出迎えてきました。

現在はその名残を残しつつ、レストランやカフェ、ギフトショップ、結婚式会場などとして利用され、多くの市民の集う場として親しまれています。

イルミネーション会場となっているのは、このびわ湖大津館に隣接された約5,900㎡にもなる広大なガーデン。バラを中心に四季折々の花々が咲き誇るこちらのガーデンには、ローズソムリエによって監修されたエリアもあり、日頃より多くの方が来訪されています。

今年のテーマは、親しみやすい「童話」

入場ゲートからひとたび足を踏み入れると、約10万球のまばゆい光が、訪れた者を幻想的な世界へといざなってくれます。

デザインに携われた成安造形大学・三宅准教授にお話を伺うと、「ちょうど開催が決まった時期が、新型コロナウイルスの影響で長らく自粛生活を強いられていた頃だった。学校へ行くこともできず沈んでいた子どもたちに少しでも楽しい気持ちになってほしいと思い、親しみ深い童話をテーマに、今年は例年より多く遊び心を散りばめた。」とのこと。

イルミネーションは色と童話別に5つのゾーンで分けられており、ゾーンごとにお馴染みの世界が顔を出します。

白を基調とした不思議の国の世界

入場ゲートを越え、まずはじめに現れるのは、白を基調とした不思議の国の世界。

「童話の世界観をより感じてもらえるよう、随所に様々な工夫を凝らした。」という展示は見ているだけでワクワク楽しい。
お茶会の準備が整ったテーブルには、さりげなく琵琶湖の流木を使用。お皿に盛られたフルーツや花がオシャレ。

大きなきのこや白いウサギがあちこちに出現

大きなきのこや白いウサギがあちこちで待ち受け、耳を澄ませば不思議の国の住人たちの賑やかな話し声が聞こえてきそう!

夜の闇にも負けず光輝く、ランプの魔人の世界

続いて現れたのは、ランプの魔人。
夜の闇にも負けず力強く光輝く世界には、お宝エリアや砂漠のエリアが広がっています。

SNS映えの願いもお任せ!

絨毯に足を踏み入れ月をバックにポーズをとれば、SNS映えの願いもお任せ!

ロマンティックキュートなムード漂う、水の世界

ランプの魔人の次に現れたのは、水の世界に住むお姫様。
ブルー系のライトで表現された水の世界には、ロマンティックでキュートなムードが漂います。

背景に映し出される夜景とのショットにうっとり。

カラフルな赤ずきんの世界

赤ずきんの世界は、カラフルなお花やきのこで森を表現。

おつかいの途中で道草をしてしまう赤ずきんの楽しげな姿や、ベッドでおばあさんのふりをしている恐ろしいオオカミの様子が混在し、童話の持つ世界観のリアルな表情を映し出しています。

細かなところまでこだわりが詰まっているので、是非じっくりと鑑賞して。

甘い雰囲気漂う、お菓子の家

最後にやってきたのは、お菓子の家でおなじみの童話の世界。

クッキーやアイスクリーム、グルグルキャンディーなどキュートなお菓子がトッピングされたお菓子の家の脇には、黒い魔女がひっそりと佇みます。
甘い雰囲気漂う世界観は、イマドキ女子のハートを鷲掴み!

日常を離れ懐かしい童話の世界へ

「実際に制作がスタートしてみると、頭で思い浮かべていたイメージと異なり悩んだ。」など、様々な試行錯誤を繰り返しながらも若さゆえの柔軟な発想力を武器に学生たちが作り上げたデザイン。
子どもはもちろん大人をも、日常を離れ、懐かしい童話の世界へといざなってくれます。

是非、家族や友人、大切な人と夢の世界へ訪れて。

イルミネーションは、館内からも楽しむことができます!

イルミネーションはガーデン内はもちろんですが、びわ湖大津館・館内からも楽しむことができます。(見学無料)
煌びやかな光の庭と共に、かつて「湖国の迎賓館」と評された同施設の魅力も、是非この機会に併せて楽しまれてみては。

他にも琵琶湖を一望できる館内のレストラン「Bel van Brugge( ベルヴァンブルージュ)」では、事前予約でディナーを楽しむことが可能。
滋賀の良いものを集めたギフトショップでは、只今クリスマス仕様ラッピングサービスも実施されていますよ。

Instagram投稿の際には「#びわ湖大津館2020イルミネーション」をタグ付けして

また、イルミネーション期間中はInstagramキャンペーンも実施!抽選で素敵なローズ雑貨プレゼントもあるので、Instagram投稿の際には「#びわ湖大津館2020イルミネーション」をお忘れなく。

WRITTEN BY

りーしゅんライター

2020年12月10日時点での情報です。最新の情報と異なる場合がありますので、ご確認の上、おでかけください。
※当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
店名びわ湖大津館
TEL077-511-4187
モアを見たというとスムーズです。
住所大津市柳が崎5-35

関連記事